住宅ローンを組むときの金利について

住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。
ローンの金利には大きく分けて固定金利と変動金利があります。
どちらを選ぶかはその人次第で、銀行側から薦めなどはありません。
多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。
また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。
どっちの金利が良いかわからなくなった時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。
自分の家を購入したい!と考えた時住宅ローンが役立ちます。
申し込みをする場合は、銀行や信用金庫で受け付けていますが家を購入する際は不動産屋に足を運ぶ方が多いと思うのでそこで提携している金融機関に申し込みをしても良いと思います。
返済期間は人によってそれぞれですが最長で35年の借入が可能です。
だけども、申請者の年齢によってこの期間を選べない可能性もあります。
たいてい40歳以上の方の申し込みの場合から通りにくくなってしまう事が多いようです。
住宅ローンを組む時はまず審査が必要です。
住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査はとても慎重に行われます。
審査の合否判断には約1週間前後かかります。
結果は口頭もしくは電話で伝えられます。
審査結果によっては、残念ながらローンを組む事は出来ません。
審査に通れば、契約に移ることができます。
この契約の時には、銀行から指定された書類をすべて揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。
諸費用は借入する額によって変わってくるので、事前に銀行側から指示されます。
だいたい、数十万単位〜数百万単位の金額が一般的の様です。
マイホームを購入する際は頭金が必要です。
頭金無しでも住宅が購入できる!という広告も目にしますが、確かに頭金を支払わなくても購入は可能でしょう。
ただし、月々の返済は多くなります。
月々の支払いを少なくしたいのであれば、やはり頭金を最初に少し支払うのが良いでしょう。
頭金の目安として物件価格の20%と言われていますが、住宅には他にも様々な費用がかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。

住宅ローン繰り上げ返済のデメリットは?【シミュレーションで分析!】